スタッフブログ

Staff blog

2022.9.17|ブログ

ARNI Web Symposium in OYAMA

2022.9.16
「ARNI Web Symposium in OYAMA」
共催:大塚製薬株式会社・ノバルティスファーマ株式会社

当院の朝倉理事長が座長を務めました。

【心血管合併症治療を再考する】
『心腎連関を考慮した血圧管理』

〈降圧治療の基本的な考え方〉
①降圧薬の脳心血管病抑制効果の大部分は、その種類よりも降圧度によって規定される。
②個々の高血圧患者に対しては、もっとも降圧効果が高く、合併する種々の病態に適した降圧薬を選択する。

〈ARNIが良い適応となる病態〉
ARNI(Angiotensin Receptor Neprilysin Inhibitor)
①心不全合併高血圧
②慢性腎臓病合併高血圧
③若年・中年の高血圧患者
(1)レニン活性は若年者ほど高い
(2)食事摂取量≒食塩摂取量多い
(3)受診機会が限られており、確実な降圧が求められる

〈クリニカルイナーシャ〉
クリニカルイナーシャ(Clinical Inertia)という言葉をご存じでしょうか。
日本語で「臨床的惰性」などとも訳され、最近、よく耳にするようになりました。

患者さんが治療目標に達していないのに、適切な治療が行われていない状態を意味します。
高血圧症、糖尿病の領域に限らず、医療全体が抱える課題の一つです。

わが国での高血圧の推定数は4,300万人とされ、治療を受けているのは約半数であり、降圧目標に達しているのはその約半数であるといわれています。患者側の服薬アドヒアランス(服薬順守)の不良と医療者側のクリニカルイナーシャによるものと考えられています。

※発表内容は演者個人の見解に基づくものであります。

ARNI로 심혈관 합병증 치료를 재고한 혈압 관리를 배운다.
学习通过ARNI重新考虑心血管并发症治疗的血压管理。
Learn how to manage blood pressure by reconsidering treatment of cardiovascular complications at ARNI.

2022.9.15|ブログ

CKD-MBD Conference

2022.9.13
「CKD-MBD Conference」
主催:協和キリン株式会社

【長期透析患者への運動療法の試み】
長期透析患者の加齢や疾患により、活動量の低下が起きている。
現状の身体機能を測定することは、運動を行う必要性を理解してもらうために重要であり、継続して行う動機付けにもなる。
患者はスタッフとコミュニケーションを交えながら知識を高め、行うことで安心して運動することができ、また継続して行うのに有用である。

【透析療法から考えるCKD-MBD治療】
『オルケディア(Evocalcet)への期待』
Calcimimetics ⇒
PTH⇩ P⇩ FGF23⇩ CPP⇩ 死亡⇩

Bioavailability(生物学的利用能)増強
副作用低減
コンプライアンス改善

※発表内容は演者個人の見解に基づくものであります。

Evocalcet을 통해
PTH, P, FGF23, CPP, 사망률이 떨어진 사실이 있다.
通过Evocalcet,
PTH、P、FGF23、CPP死亡率有所下降。
Evocalcet enables you to PTH, P, FGF23, CPP, and mortality have fallen.

2022.9.15|ブログ

JMSフットケアWEBセミナー2022

2022.9.13
「JMSフットケアWEBセミナー2022」
主催:株式会社ジェイ・エム・エス

【座談会:下肢末梢動脈疾患指導管理加算は取得しています…って】
『本当に患者の下肢救済できてるの? その血流評価で大丈夫?』

2016年 下肢末梢動脈疾患(PAD)指導管理加算
点数:100点(月1回を限定として)

〈下肢末梢動脈疾患指導管理加算に関する施設基準(抜粋)〉

①慢性維持透析を実施している全ての患者に対し、PADに関するリスク評価と指導管理等を行う。
②臨床所見、検査実施日、検査結果及び指導内容等を診療録に記載する。
③ABI検査0.7以下又はSPP検査40mmHg以下の患者については、同意を得た上で、専門的な治療体制を有している医療機関へ紹介を行う。

〈PAD加算届け出状況〉
栃木県:80-90%未満 (81.1%)

〈PAD指導管理加算届け出割合〉
栃木県:80-90%未満 (84.3%)

腎不全患者の下肢閉塞性動脈疾患合併頻度
透析導入期(24.3%)・・・約70%が無症状
維持期(37.2%)
・・・症状が乏しいまま急速に重症化する場合がある

※血行再建治療を要するCLTI患者の半数以上が透析患者

末梢の血流評価・・・P-LDF(レーザー血流計)が有効
簡便に血流測定ができるとしている。

赤外線治療器についても効果あると・・・

本日の内容については、当院は専行して全て取り組んでいます。

풋 케어에서의 하지 혈류 평가에 대해 설명을 들었습니다.
听取了关于足部护理的下肢血流评价的说明。
I heard an explanation about the lower limb blood flow evaluation in foot care.

院長ブログ/小山すぎの木クリニック

Archives