スタッフブログ

Staff blog

2021.10.7|ブログ

優秀演題賞受賞

2021.10.7
「優秀演題賞受賞」

先日おこなわれた第44回栃木県透析医学会において、平野看護師の演題が優秀演題賞に選ばれました。

의학 학회에서 우수상을 수상했습니다.
在医学学会获得了优秀奖。
We won an excellence prize at the medical society.

2021.10.5|ブログ

田川&薬師寺スロージョギング

2021.10.3
「田川&薬師寺スロージョギング」
STEC企画

今回は2箇所同時開催で、お互いにLINEミーティングのビデオ通話で連絡を取りながらを予定して開催されました。
●集合場所
(1)田川チーム(担当:安藤先生)朝8時に宇都宮のサムライ寿限無の店の前に走れる服装で集合
(2)薬師寺チーム(担当:赤井先生)ーー朝8時に下野市市民農園駐車場集合。

●いずれも準備体操〜1分間ウオーキング/1分間スロージョギングの繰り返しで1時間程度周回(途中時間を決めて休憩時間中にLINEミーティングで交信)〜整理体操〜10時までには帰着・解散を予定し、いざ当日!

宇都宮、薬師寺、足利、神奈川の4箇所からの参加で総勢17人の盛況でした。
逆に、分散解散でないと、三密になりかねなかったので、LINEミーティングでの多元中継の意義があったと思います。

次回来年4月、基本第一日曜日開催予定です。
次回は、ぜひ小山チームとして参加してみませんか😄

※STEC(ステック)とは?
国際医療福祉大学教授の安藤先生が中心となり、2010年春に発足したSTEC(下野運動療法勉強会:Shimotsuke Therapeutic Excircise Circle)。

下野(しもつけ)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国のひとつ。おもに栃木県の昔の呼び名。

栃木県の医療や福祉施設のスタッフや患者さんが、STECが企画するさまざまなスポーツを体験しながら、いずれは個々で親しみやすい運動を見つけ持続(継続や習慣)できることを目指しています

今や、医療や福祉分野で運動療法を真剣に考えている、近県やその他の都道府県の方々にも広がりを見せている。

일요일에, 환자와 의료 직원에서 조깅 운동을 실시했습니다.
星期天,患者和医疗人员一起进行了慢跑运动。
We jogged with patients and fellow medical staff on Sunday.

2021.10.5|ブログ

第44回 栃木県透析医学会

2021.10.2
「第44回 栃木県透析医学会」
(44th Tochigi Society for Dialysis Therapy)
Web開催 幹事:自治医科大学
14:30~17:15

当院から2演題、デジタルポスターで参加させて頂きました。オンライン開催のため、日勤スタッフは、会議室でweb視聴致しました。

①    小野口看護主任「透析患者へのロモソズマブ投与は認知症を改善するのか?」

②    平野看護師「透析患者のフレイルに早期対応する取り組み」

栃木透析医学会は3部構成で、1部と2部は全23登録演題より選ばれた9演題をオンラ「ZOOM」にてオーラル発表。

3部は特別講演として、東北医科薬科大学腎臓内科教授 森建文先生による「腹膜透析と地域連携」の講演を拝聴させて頂きました。

13演題のデジタルポスターは、今後拝見させて頂き学びを深めて行きたいと思います。
토치기 현 주최의 신장 학회에 web참여했다.
他参加了栃木县主办的肾脏学会。
I participated in a kidney conference sponsored by Tochigi Prefecture on the web.

院長ブログ/小山すぎの木クリニック

Archives