スタッフブログ

Staff blog

2024.5.31|ブログ

明日から実践できる!能力開発講座

2024.5.29
「明日から実践できる!能力開発講座」
~各分野のスペシャリストに学ぶ~
Vol.23
主催:小野薬品工業株式会社
19:00~20:00 WEB

≪高齢者の透析治療についてメディカルスタッフと考える≫
透析見合わせとCKM
・「終末期」ではなく厚生労働省のガイドラインに従って「人生の最終段階」を使用する。
なお、透析を必要とする末期腎臓病は人生の最終段階ではない。
・最も重要なことは本人の意思であり、家族がどのような意見であっても本人の意思が最も尊重される。
・厚生労働省も2018年に、新たに「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」を公表し
協働意思決定(Shared Decision Making:SDM)や、人生会議(Advance Care Planning:ACP)の重要性を指摘している。
厚生労働省のガイドラインとの整合性を確認する必要もある。
・医療チームは、提案する治療のほかに代替治療法についての情報を患者に提供する必要があり、腎代替療法の選択では、
腎移植、腹膜透析、血液透析に関する情報を提供するのが原則である。
・「透析の非導入」、「透析の見合わせ」、「保存的治療」は適切な言い方ではない。
Conservative Kidney Managementとし、日本語訳はその定義を注釈に付け、保存的腎臓療法を採択することが承認された。

※発表内容は演者個人の見解に基づくものであります。

노인의 투석 의료를 생각했습니다.

我想到了老人的透析医疗。

I thought about dialysis medicine for the elderly.

2024.5.31|ブログ

ARNI Web Symposium

2024.5.29
「ARNI Web Symposium」
共催:大塚製薬株式会社
共催:ノバルティスファーマ株式会社
18:00~18:40 WEB

≪心腎連関治療の一挙両得≫
~心血管病患者の明日のために今できること~
ARNIを導入すべき患者像とタイミング
・2型糖尿病を有する高血圧
・高血圧性腎硬化症によるCKD
・Non-dipper型高血圧
・減塩困難なDMまたはCKDの高血圧
・(多剤併用が必要な)難治性高血圧
・ARB/ACEIで高カリウム傾向の患者
ARNIの降圧力、様々な付加価値を考慮すると、可能な限り早期からの導入が期待されるそうです

※発表内容は演者個人の見解に基づくものであります。

ARNI를 도입해야 할 환자상과 타이밍을 배웠습니다

我学会了如何选择病人来使用ARNI。

We’ve learned how to choose patients who need to adopt ARNI.

 

2024.5.31|ブログ

Lokelma Lanchtime Seminar

2024.5.29
「Lokelma Lanchtime Seminar」
主催:アストラゼネカ株式会社
12:30~13:00 WEB

≪食事制限の変遷から考えるカリウム管理≫
腎臓に障害があると、カリウムを十分に尿に排泄することができずに、体内に蓄積してしまいます。
血中のカリウム濃度が上がってしまうと危険な不整脈がおこる可能性が高くなり、心臓が止まって突然死することもあります。

腎機能が低下してきた場合には、カリウム制限などの食事療法を行うことにより、カリウムの上昇を抑えます。すべてを制限すれば良いというものではなく、必要量は摂るなど、カリウムの調整は食事療法・薬物療法の正しい方法を理解して実践していくことが大切です。

※発表内容は演者個人の見解に基づくものであります。

칼륨 관리에 대해 배웠습니다

我学到了如何控制钾。

I learned about potassium management

院長ブログ/小山すぎの木クリニック

Archives