スタッフブログ

Staff blog

2022.12.5|ブログ

腎性貧血 Update in 小山

2022.12.1
「腎性貧血 Update in 小山」
共催:小山地区医師会
共催:田辺三菱製薬株式会社

朝倉院長が座長を務めました。

《これでスッキリ腎性貧血治療!》
~どうなおす?なぜ放置してはいけないのか~

【透析症例の貧血を放置してはいけない】
我が国の維持透析患者で最も死亡リスクが少ないのはHb11~12

【ESAによるHb正常化と生命予後】
使用ESA量が多いほど死亡リスクは増大する

【ESA抵抗性(低反応性)の問題】
厳密な定義は無いものの、鉄欠乏が見られない条件で貧血が改善されない患者はおよそ1割と推測される

【まとめ】
①従来の貧血治療の限界

従来型ESAの投与は透析患者の予後を悪化させる可能性が知られているが、現実のCKD診療での貧血治療は、まだまだ不十分であり大きなアンメットメディカルニーズが存在する。ESA抵抗性の背景には、鉄欠乏または慢性炎症による鉄の利用障害が存在する。

②CKDと心血管イベント

心・腎の病態は互いに大きな影響を与え合っている。「心腎連関」として知られていた概念は「心腎症候群」または「心腎貧血鉄症候群」としてとらえ直されている。貧血により心不全症例の予後は悪化するが、ESAなど従来治療では鉄の利用障害(慢性炎症)などによって、十分な効果が得られないジレンマが存在する。

③CKDにおける鉄投与

慢性炎症状態では、ヘプシジンの上昇による鉄の利用障害と高フェリチン血症を生じて、貧血改善をさまたげ生命予後も悪化する。従来から含糖鉄静注によってFGF23上昇・低リン血症・骨軟化症が惹起されることが知られていたが、FGF23への影響は鉄製剤の種類によって異なることが明らかとなった。

④HIF-PH阻害薬への期待

造血をふくめた低酸素応答にはHIFが関与しているが、酸素の存在下ではHIFはPHDによって速やかに不活化される。貧血・臓器虚血・炎症細胞・高地順化・骨髄幹細胞温存・胎生期発生など、HIFはきわめて多方面に影響をおよぼす。HIF-2αを誘導する薬剤の臨床応用が進んでいる。

⑤ESAの限界とPHDiの挑戦

心・腎・貧血・鉄代謝の病態は大きく関連するが、従来型ESAによるHb上昇の試みは、心血管イベントの増加・総死亡増加と関連し、特に鉄利用の限界によるESA抵抗症例の治療が問題となっていた。HIF-PHD阻害薬はESA抵抗症例にもあらたな可能性を開いた。十分な鉄補充が必要だが医療経済にも良い効果をもたらしうる。長期の安全性など今後の研究が必要である。

※発表内容は演者個人の見解に基づくものであります。

HIF-PHi의 가능성을 생각하면서 청강했습니다.
我边想HIF-PHi的可能性边听讲。
I listened to the lecture thinking about the possibility of HIF-PHi.

2022.12.1|ブログ

CKDオンラインセミナー in OYAMA

2022.11.29
「CKDオンラインセミナー in OYAMA」
共催:小山地区医師会
共催:アストラゼネカ株式会社
19:00~20:00 ZOOM

院長先生が座長を務めました

《Paradigm Shift in CKD》
他施設共同後ろ向き観察研究によるCKD予後の実態調査報告として本調査から判明した腎臓病重症化予防対策構築におけるポイント

①CKD患者は高率にイベントを発生するため、その重症化予防は重要である

②透析患者減少のためには、糖尿病性腎臓病のみならず、非糖尿病性CKDを含めて社会的に取り組む必要がある。

③CKD予後に最も影響する蛋白尿とCKD stage(CKD重症化分類)を患者選択基準において最重要視すべきである(HbA1cではない)。

④CKD stageが上がる前のハイリスク患者(尿蛋白陽性者)に対する効率的な早期治療介入が必要である。

⑤予後やGFR slopeに強く影響する尿検査の実施率の向上が必要である。

⑥蛋白尿やGFR slopeを軽減する薬剤は腎保護効果を示す可能性が高い。

※発表内容は演者個人の見解に基づくものであります。

CKD 환자는 고율로 이벤트를 발생하기 때문에 그 중증화 예방은 중요하다
CKD患者发生高率问题,因此预防其重症化非常重要
Because events occur at a high rate in CKD patients, prevention of seriousness is important.

2022.12.1|ブログ

骨密度測定装置導入

2022.11.29
「骨密度測定装置導入」

新たに、FUJIFILMよりX線骨密度測定装置『ALPHYS LF』を導入し、スタッフに向けて説明会を行いました。

骨密度検査により、骨粗鬆症や関節リウマチ、ホルモン分泌異常などの診断が可能であり、またそれらの治療に対する経過観察及び治療効果の判定等にも利用されます。

골밀도 측정 장치를 새롭게 도입해, 스탭을 향한 설명회를 실시했습니다.
新引进了骨密度测量装置,面向工作人员举行了说明会。
We introduced a new bone density measuring device and held a briefing session for our staff.

院長ブログ/小山すぎの木クリニック

Archives