スタッフブログ

Staff blog

2019.12.10|ブログ

院内勉強会

「イベニティ」

EVENITY
Romosozumab(Genetical Recombination)

アステラス製薬

骨粗鬆症の薬の中で世界で一番効果のある薬が 世界で初めて日本で保険適応となりました。薬理作用ですが、今までの骨粗鬆症治療薬は、主に骨を壊さないだけの作用でした。

しかし イベニティは、骨を作る・骨を壊さないの両方の作用があります。イベニティは「ヒト化抗スクレロスチンモノクローナル抗体製剤」です。

つまり、スクレロスチンの効果を遮断します。結果として、骨を作るのを促し骨を壊すのを抑制します。
(骨芽細胞を活性化し、破骨細胞を抑制する)

Romosozumab에 대해서 공부회를 열었습니다.
關於Romosozumab進行了學習聚會。
I held a study meeting about Romosozumab.

2019.12.8|ブログ

第4回 i-HDF研究会

東京 御茶ノ水 ソラシティ―カンファレンス

当院の大半の患者さんが施行していますI-HDF透析。
間歇補充型血液透析濾過(Intermittent Infusion Hemodiafiltration, I- HDF)は、I-HDFは透析治療中に透析装置より間歇的な補液を計画的に行う治療法です。透析治療中に補液をすることで、透析効率を維持したままで通常の透析では除去しにくい物質の除去や除水による体の負担軽減を図る仕組みであることは、皆さんも承知だと思います。

I-HDFに期待されている効果としては
・末梢循環の改善
・透析治療中の血圧低下防止
・老廃物除去などの物質交換促進
です。長い時間の透析が出来ない、困難の方にはとても良い療法であると思っています。

 

제4회 i-HDF연수회에 참가.효율적인 투석 의료를 배웠습니다.

參加第4屆i-HDF研究會。學習了效率的透析治療。

I participated in the 4th i-HDF study group.
I learned dialysis treatment efficiently.

2019.12.7|ブログ

第10回 腎不全研究会

東京 全腎協 灘尾ホール

今回は、一般23演題とランチョン・特別講演を拝聴させていただきました。
中でも、「腎症合併2型糖尿病治療の現状と今後への期待」というお話では、血糖値の高い状態が続くのが糖尿病。それだけなら症状はさほどありませんが、こわいのは腎臓障害、網膜症、神経障害、血管障害といった合併症です。合併症の予防、療養支援のあり方を中心に、誤解をただしていました。「糖尿病」「生活習慣病」という用語が適切かについても考えさせられる内容でした。

제10회 신부전 연구회에 참여하고 세계 여행 투석 의료 네트워크를 소개했습니다.몇가지 투석 시설이 흥미를 보이며 참여하고 싶다며 왔습니다.

參加第10屆腎不全研究會,介紹世界旅行的透析醫療網絡。從參加者那裏得到了熱烈的掌聲和讚揚

I participated in the 10th kidney failure study group.
I explained the World Travel Dialysis Medical Network.
I received a lot of applause and acclaim from the participants.

院長ブログ/小山すぎの木クリニック