スタッフブログ

Staff blog

2022.6.10|ブログ

栃木県透析懇談会2022総会

2022.6.9
「栃木県透析懇談会2022総会」
18:00〜19:00  web
賛助共催:旭化成メディカル株式会社
株式会社日成メディカル
扶桑薬品工業株式会社
小野薬品工業株式会社
株式会社ムサシエンジニアリング

当院スタッフも加盟しています当会。
総会参加後、特別講演を視聴致しました。

『透析関連手根管症候群に対する透析中エコーによる正中神経圧迫率の経時的評価』

【要約】
手根管症候群の病態からエコー画像診断過程を、症例にて詳細に説明してくださいました。

圧迫率に独立して関与する因子は、透析歴・β2MG・CTSの手術歴の3つ。
特に、β2MG(20mg/L以上)・透析歴(4年以上)では有意に圧迫率が高くなるとのこと。
また、圧迫率(21.7%以上)では、CTS手術歴が有意に高くなったようです。

今回の学びとして印象に残りました、術前術後のエコー検査は、CTSの補助診断のみならず、高輝度エコーや局所の浮腫の消失程度、さらには自覚症状残存の予測までできる可能性があるそうです。

투석 메디컬 직원이 CTS 초음파 검사를 배웠다.
透析医学团队学习了CTS超声波检查。
The dialysis medical staff studied CTS ultrasound.

2022.6.10|ブログ

穿刺時の疼痛緩和WEBセミナー

2022.6.9
「穿刺時の疼痛緩和WEBセミナー」
16:30〜17:30
主催:佐藤製薬株式会社、扶桑薬品株式会社

『シャント肢スキンケアのコツ』
①エムラクリームは、貼付用局所麻酔薬による接触皮膚炎のリスクを減少させる可能性がある。
※国内における承認外の効能・効果に関する情報
②ただし、日常からシャント肢のスキンケアを行い皮膚トラブルの予防に努めるとともに、皮膚状態を継続して観察することを忘れずに行う。
③異常が認められた場合は、早期に適切な処置を行えう必要があります。

『ストレスのない穿刺を目指して』
演者の施設での結果においては、エムラクリームは、個人差はあるもののテープ材よりも穿刺時の疼痛緩和効果があると思われる。また、スタッフにとっても穿刺時のストレスが軽減されると思われた。

【穿刺業務は花形であるが・・・】
穿刺業務は、看護師らにとっても、最も負担が掛かる。

투석 시 바늘을 찌르는 행위는 간호사들에게는 가장 스트레스를 받는 업무다.
透析时扎针的行为对护士来说是最有压力的工作。
Sticking needles during dialysis is the most stressful task for nurses.

2022.6.8|ブログ

透析アミロイド症WEB講演会

2022.6.7
「透析アミロイド症WEB講演会」
19:00~20:15  ZOOM
主催:扶桑薬品工業・カネカメディックス

『β2-MG吸着型血液浄化器リクセルへの期待』
【要約】
①  透析液清浄化、高性能な血液浄化膜、on-line-HDFが標準的な現在でもDRA由来の症状を伴っている患者も存在する。
②  透析医療における治療環境の進歩により手根管手術を受ける患者数は減少傾向にある。
③  高齢透析患者が増加し、骨折リスクを低減させるためにも、早期のDRAを発見し、症状改善につながる対策が必要。
④  DRA管理においては、患者の自覚症状に合致した除去量、治療方法の検討が望まれる。

※透析アミロイドーシス(Dialysis Related Amyloidosis:DRA)

『整形外科医から診る透析アミロイド症患者の手根管症候群について』
①  慢性透析患者の手根管症候群は、透析アミロイド症に起因するため、基本的には自然軽快は困難で手術治療を要することが多い。
②  現時点では、初回手術後再発の可能性があるため、複数回の手術に対応できるよう、より低侵襲の手術介入が望まれる。
③  日本における透析技術は過去50年間に著しく進歩し、β2-MG除去の向上が手根管症候群手術患者の透析年数の延長に寄与している可能性があると考えられる。

투석아밀로이드증이나 손뿌리관 수술을 배웠다.
学习透析淀粉样变性症和腕管手术。
I participated in a web study group on dialysis amyloidosis and carpal tunnel surgery.

院長ブログ/小山すぎの木クリニック

Archives