スタッフブログ

Staff blog

2022.5.7|ブログ

院長先生による新入スタッフ勉強会

2022.5.3〜5
「院長先生による新入スタッフ勉強会」
3日間に渡り、院長先生が講師となり、今年度入職されたスタッフに対し「腎臓の働き」について勉強会を開催されました。
아사쿠라 원장이 신인에게 신장 기능에 대해 강의했다.
朝仓院长向新人讲授了肾脏的功能。
Dr.Asakura gave a lecture to a newcomer on kidney function.

2022.4.28|ブログ

交通安全教育推進モデル事業所

2022.4.27

「交通安全教育推進モデル事業所」委嘱式
小山警察署署長室にて

小山警察署と小山地区安全運転管理者協議会より小山地区で4事業所を「交通安全教育推進モデル事業所」として委嘱され、当院もその事業所となりました。

引き続き、仕事でもプライベートでも、全スタッフ安全運転を心掛けていきます。

안전운전 사업소로서 경찰로부터 시범사업소에 임명된
安全驾驶得到认可,被认可为示范事业所。被警察署长任命为示范事业所。
appointed by the police as a pilot office for safe driving.

2022.4.25|ブログ

第62回日本呼吸器学会学術講演会

2022.4.24
「第62回日本呼吸器学会学術講演会」
The 62nd Annual Meeting of The Japanese Respiratory Society
호흡기 학회에 참가해, 최신의 COVID-19에 대해 배운다.
参加呼吸器官学会,学习最新的COVID-19。
Participate in the Respiratory Society and learn about the latest COVID-19.
 呼吸器学会にて「新型コロナ感染症について」学んできました。
①変異株はなぜできる?世界と日本の今後の展望は?
②どうすれば安全に過ごせるの?家族内感染を含めた予防と治療・療養のはなし
③罹患後症状とはどんなもの?
 未だに変異を繰り返し猛威を振るっている新型コロナ感染症。私達は、感染防止対策の習慣化や検査体制の充実、治療のノウハウの確立を形成しつつある一方で、医療体制がひっ迫しているにも関わらず、感染しても適切な治療が受けられない不安まで弱まっている状況を見ると、危機意識の低下による「コロナ慣れ」というネガティブな面も指摘できる。
 また、当栃木県でも連発的に発動された「まん延防止等重点措置」。しかし、人出が大きくは変わっていない状況もある。背景には、今まで新型コロナウイルスに関連する様々な政策が発動されたことで、国民に深刻さが伝わりにくくなっている状況に加えて、新型コロナウイルスが未知のウイルスから既知のウイルスとなったことで、生活者の危機意識が薄れ、「コロナ慣れ」しているという実態もあると思います。
 コロナ禍を理由に勉強会にも参加できず、コロナの情報も最近はTVのみの情報でしか得られていないこと、また、あらゆる新型コロナ感染者や濃厚接触者を見てきた中で、これらの危機感から重篤時エクモも操作する当呼吸器学会の先生方の新型コロナ感染症について見解を知り得たいため、参加させていただきました。
 既存のコロナウイルスから変異を繰り返し世界中の人々に感染した。無知だった2年4ヶ月前に比べれば、我々は予防対策やワクチン、治療薬など対抗できる環境を手に入れる事ができた。しかしながら代償も大きく世界で約5億人が感染し、約620万人の方が亡くなられた。無症状感染者も含めると感染者数は2~3倍になるという。
 共通して言えることは、個々の感染予防策の徹底だ。当院でも3密は避けてとお願いしているが、基本0密行動がいい。1密でもあれば感染リスクは当然ながら高まる。不織布マスクをきちんとつける。高頻度接触環境表面(ハイタッチサーフェス)の消毒の徹底や工夫して多くの人が触れない様にする(ドアノブ・リモコン等)。子供も含めて、手指の念入りな洗浄も欠かせない。・・・聞けば聞くほど、我々が知っているものばかりで簡単に取り組める、また継続できるものばかりだった。
 では一例ではあるが、感染する・しないには、大きく何が違うのか?
 福井県の新型コロナ感染対策が発生当初より優れており(福井モデル)、今尚推奨されている。
 福井県では、「うっかり」を限りなく減らす事を呼び掛けている。
 我々も、職場や家庭においても感染症対策の中に「うっかり」を減らすことを取り入れ、感染リスクをさらに下げたいと思います。

院長ブログ/小山すぎの木クリニック

Archives