スタッフブログ

Staff blog

2020.2.2|ブログ

職員旅行

職員旅行で伊香保温泉へ行きました。

직원 여행에서 이카호 온천에 갔습니다
职员旅行去了伊香保温泉
I went to Ikaho Onsen on a staff trip.

2020.2.1|ブログ

第8回 うつのみや糖尿病療養指導研修会

済生会宇都宮病院  14:00~17:00

講演1「透析患者のケアと透析導入予防の取り組み」 芳賀赤十字病院看護部 長谷部明子先生

演題2「地域医療における慢性腎臓病診療」 芳賀赤十字病院 第3内科部長 大西 央先生

年間約4万人が新規導入される透析治療は全国で33万人以上に上り、年間の医療費は1兆6千億円。総医療費の4%を占めることで社会保障への影響が叫ばれています。そこで、厚生労働省は糖尿病透析予防指導管理加算を新設し、2028年には新規導入患者を3万5千人以下にすることを目標にしています。
透析導入の原疾患としては1位糖尿病性腎症42.5% 2位慢性糸球体腎炎16.3% 3位腎硬化症14.7%となっています。慢性糸球体腎炎の割合は年々低下傾向にありますが、依然として糖尿病性腎症は低下することなく、ほぼ横ばいの状態で推移しています。

演題1では透析患者のケアと言うよりも導入時の取り組みと予防が中心の内容でした。CKDとDM患者との関わりの中でスコア評価をし、対象の患者に早期から透析についての話しを織り交ぜ、導入の時に少しでも受容が出来る様に取り組まれていました。維持透析を中心とした私の日頃の関わりの中でもそれぞれの患者毎に受容の度合いは違います。その中で精神的・身体的・社会的な困難が受容を妨げる原因となると説明されていました。精神的困難は透析による生きがいや目標の喪失。身体的困難は高齢による認知症や麻痺など。社会的困難は家族背景やキーパーソンの不在などが挙げられていました。その中でも最も受容を妨げる原因となるのは精神的困難であり、透析による様々な制約を受けることでこれからの人生の見通しを失い拒絶する結果、受容困難になるケースが多い様です。その点で当院ではONHDや旅行透析を中心とした取り組みから透析による精神的困難を少しでも軽減できる様に積極的に取り組んでいることは患者を中心としたとても素晴らしいモデルケースであると改めて感じました。

演題2については当院の宅直でお世話になっている大西先生の講演でした。CKDやDMは不可逆的な疾患であるからこそ特に地域医療の連携を早期から行い、多くの専門医の力を合わせて進行を予防していく必要性があり、CKD患者は全国で1300万人・糖尿病患者と糖尿病を強く疑う人は2000万人に及んでおり、対象者が多いからこそ、それぞれの役割を果たし円滑な診療をすることで病期の進行を遅らせることが出来ればそのメリットはかなり大きいと私も思います。
腎臓の分野は一般内科とは違い適切に診療出来る医師が少なく診断や発見が遅れやすいことも問題視されていました。連携が取れていればこの点でも専門医への早期の紹介で早期診断と治療が受けられるメリットが大きいでしょう。CKDやDMは心血管疾患リスクが上がり様々な疾患を誘発させます。DMに関しては日本人は欧米人よりインスリン分泌が明らかに少ない体質である中で、食事は欧米化している現状では今後も患者の増加に歯止めを掛けるのは極めて困難かと思います。国民病と言われるCKD・DM患者が増え続け、2025年問題から高齢化が更に加速する前に地域連携が円滑に進むことは必須とも言える状況であり、今現在とこれからの患者や取り巻くその周囲の人々をも救うことに繋がるのではないかと感じました。

당뇨병 요양 지도자 연수회에 참가했습니다
参加糖尿病疗养指导者研修会
I went to a diabetic treatment instructor training session.

2020.1.31|ブログ

第3回獨協医科大学糖尿病センター医療連携カンファレンス

①合併症外来による糖尿病重症化予防
②合併症外来受診患者の現状
③合併症検査を取り入れた砺波総合病院地域連携パスの現状

上記3講演を拝聴させて頂きました。
今回は、昨年9月に獨協医科大学で合併症外来が新設されたことから、合併症に関しての内容になりました。
各講演についてレポートを挙げさせて頂きます。

①現在の糖尿病患者数1000万人に対しての検査の現状では一般尿定性検査は全国で67%の糖尿病患者が受けているのに対して、一歩踏み込んだ蛋白・アルブミン尿検査は19%と定値である。また、網膜症の眼底カメラは46%に留まっており、一番問題なのはこの数年間で受検率が全く上がらない点です。この状況では合併症の発症や進展予防が出来ないことから獨協医科大学では合併症検査と診療・指導を可能にした合併症外来を新設するに至りました。
しかし、受検率が低い原因を深く掘り下げると年齢30~50代の男性が最も低く、その理由は「仕事が忙しい・時間が無い」との回答が多く、働き盛りの男性が治療中断する理由も全く同様です。「仕事が休めない・時間が無い」この理由を素通りしては受検率は上がりません。時間が取れる様になってからでは合併症は進行し、大きな障害を抱えてしまいます。その為に私たちが出来ることは今をどの様に過ごすかで今後がどの様に変化するのかを明確に伝えることだと考えています。後悔先に立たずです。正しい情報で正しく行動してもらうこと。合併症の状態を知ることは重要ですが、受診に至らせる働きかけが最も重要であると思います。

②昨年9月に新設された獨協医科大学の合併症外来のレポートでは患者数14名に対してどの様な関わりをしたのかが発表されました。各検査は採血・ECG・ABI・フットケア・感覚検査・InBody・認知機能検査等が実施されています。集中的に各検査を実施出来ることで患者の時間的な負担も少なく、合併症の状態を早期に把握出来ることはとても良い点だと思いました。しかし、新設から日も浅く検査後の患者への関わりとその後の評価については実施出来ていないとのことで、課題も多く、①で述べた4ヶ月で14名と少ない受診数も課題に挙げられていました。

③糖尿病は不可逆的な疾患であり、最大の目標は合併症を発症させないことにあります。その為には地域の連携が必要で、糖尿病のコントロールを専門外の医師であっても可能にすることが合併症予防に繋がります。このことから、全国で地域連携への努力がなされています。朝倉院長も栃木県の糖尿病地域連携パスの改定や推進に尽力されています。
講演された早川先生の富山県でも連携には多くの課題がまだあると話されていました。糖尿病は血糖値の推移に比例して薬剤の変更も多く、熊本宣言以降は合併症予防のためにHA1c値は7%未満を目標に全国でも統一されてきましたが、特にインスリン量については診察する医師により幅が生まれているのが現状です。また、早川先生のアンケート調査では糖尿病連携手帳を利用していない方や存在すら知らない患者は3割超いるとの結果から医療従事者の努力もまだまだ必要だと話されていました。手帳を渡してOKではなく、その後に注目していく姿勢を患者に見せることも、利用の継続に繋がると思いました。私もケアボードのGAチェックだけでは無く、患者に向けてアピールの意味でも手帳チェックを積極的にするべきだと反省させられました。

今回の研修を通して、感じたことや学んだことを自身の行動に繋げていきたいと考えています。

당뇨병의 공부 모임에 참가했습니다
我参加了糖尿病学习会
I went to a diabetes study group.

院長ブログ/小山すぎの木クリニック