スタッフブログ

Staff blog

2021.7.6|ブログ

「近赤外線治療器SUPER LIZER PX」説明会

東京医研株式会社

最近導入致しました、スーパーライザーの説明会を行いました。

各部位の疼痛緩和が有効とされる直線偏光近赤外線照射ができる機器です。従来型では20〜30分の照射時間がかかっていましたが、この新型は3分と大幅に短縮され、各関連学会等においても光線照射によって血流の増加をもたらし、細胞機能を賦活化させて、鎮痛・消炎・創傷治癒といった報告が多くされています。

医療分野では、近年、患者さんの心身面に苦痛を与えないことを前提とした優れた治療が求められています。レーザー治療は、それに適うものの一つとして期待されており、現在はさまざまな領域での応用されています。

導入した機器は、パルス照射が可能のため高出力の赤外線治療器で、生体深達性の高い複合波長で、深い患部まで照射が可能です。シンプルな操作のためスタッフも簡単にセッティングが出来、治療時間も3分と短く、安全性も向上している事で、各部痛みに悩まれている患者さんも、安心して治療を受けられると思います。

레이저 치료기를 도입했다.상처 치유를 목표로 합니다.

引进了激光治疗仪。以治愈伤口为目标。

We introduced a laser therapy device.The goal is to heal the wound.

2021.7.6|ブログ

院内勉強会

「コララン錠」 共催:小野薬品工業

慢性心不全の治療薬「コララン」(一般名:イバブラジン塩酸塩<Ivabradion Hydrochloride>)の薬情を聞きました。

心不全は、心臓の機能障害により全身に充分な血液を送り出せない状態で、呼吸困難や倦怠感、浮腫等が症状として現れる疾患です。

心筋梗塞をはじめとする心臓疾患や高血圧などが原因であり、特徴として増悪を繰り返し、だんだんと心臓機能を低下させ、生命危機の状態に至ります。

心臓疾患による死亡は、がん(悪性新生物)に次いで2番目に多い。超高齢化の背景から、国内の患者数は毎年約1万人ずつ増えており、2030年には130万人に達するとの報告もあります。

コラランは、心臓の洞結節に発現するHCN4チャンネルを阻害し、心ペースメーカー電流であるIfを抑制することで、心拍数を減少させる機序のため、心臓の伝導性、収縮性、再分極や血圧に影響せずに、心拍数のみを減少させる。

心不全治療の新たな薬剤として期待されます。

심부전 치료제 Ivabradion Hydrochloride의 설명을 받았다

接受了治疗心力衰竭的药物Ivabradion Hydrochloride的说明

We attended a briefing on Ivabradion Hydrochloride, a heart failure drug.

2021.7.1|ブログ

腎性貧血を考える会

共催:小山地区医師会 田辺三菱製薬
19:00〜20:15 小山グランドホテル

同勉強会に参加し、我が国の腎臓領域の問題であります慢性腎臓病の患者さんへの対応を、医療連携等から考え、病診連携システムについて学んできました。

慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)とは、私たちの生活をおびやかす国民病てす。
現在、日本には約1330万人のCKD患者さんがいるといわれており、これは、成人の約8人に1人にあたる数となります。

CKDは腎臓障害を示す所見や腎機能低下が慢性的に続く状態のことで、受診もせずに放置したままにしておけば、末期腎不全となり人工透析や腎臓移植をしないと生きられなくなります。

特に人口透析は、現在約34万人の方が治療を受けています。国民約400人に1人が人工透析となる計算です。

また、CKD患者さんでは、腎性貧血を始め、心臓病や脳卒中などの心血管疾患になりやすいことも分かってきました。

CKDという、いわゆる隠れ腎臓病のうちに、早期発見・早期治療することを、様々な啓蒙活動により、行動して欲しいと考えています。

CKDの方は、貧血も顕著です。最近では、「バフセオ錠」も含め、低酸素誘導因子プロリン阻害薬が腎性貧血の新しい治療薬として期待されています。

CKD에서의 의료 연계를 배웠다.
学习了CKD中的医疗协作。
We learned medical cooperation at CKD.

 

院長ブログ/小山すぎの木クリニック

Archives