スタッフブログ

Staff blog

2019.1.24|ブログ

院内勉強会

2019.1.23
13:30〜14:00

主催 ファイザー株式会社/エーザイ株式会社
講演
「神経障害性疼痛治療における患者コミュニケーションのベーシック」
演者
岡山大学病院 整形外科 助教
運動器疼痛性疾患治療研究センター 鉄永 倫子先生

日本では慢性疼痛の患者が2700万人いると推定されており、その中で神経障害性疼痛の患者様は660万人いると推定されています。

ある慢性疼痛の治療状況の報告では、治療中断される患者が5割を超えています。その理由として、3割以上が効果不十分と言われています。
ある慢性疼痛治療の満足度の報告では、45.2%の患者が治療に対して不満であるといわれていました。理由としては、痛みがとれない、十分な説明がされなかった、痛みに対して理解してもらえなかった、治療者の態度が悪かったなどがあげられていました。
このように、コミュニケーションによる治療中断も多くみられるようです。
そうならないように、治療開始時には、「患者さんに急性痛と慢性疼痛の違いを理解していただく」「個々の患者さんに合わせ、治療の目標を設定する」ことが大切です。
主観的な除痛効果だけではなく、客観的な身体機能評価、社会行動様式(日常生活動作、家事能力)、社会活動性(家族活動、就業状況)などを考えながら、短期的・長期的目標を設定し治療していくことが望ましいとの事でした。また、達成目標と身体機能は患者、医療者の双方で確認できるよう記録に残しておくことが推奨されています。

リリカの国内適応症は神経障害性疼痛・線維筋痛症に伴う疼痛です。
リリカは、過剰に興奮した神経からでてくる痛みの信号を抑え、痛みをやわらげる薬です。
痛みは大きく分けて「神経の痛み」(神経障害性疼痛)と「からだに危険を伝える痛み」(侵害受容性疼痛)の2つに分類されますが、これらが混在した痛み(混合性疼痛)もあります。
リリカは「神経の痛み」に対して処方されます。
「神経の痛み」とは、何らかの原因によって神経が障害される事で、神経が過敏になり、痛みの信号が出過ぎてしまうことがあります。このような痛みを「神経障害性疼痛」といいます。
また、一般的な検査をしても原因が見つからないのに、全身の強い痛みやこわばり、睡眠障害、うつ状態などの様々な症状が生ずる病気「線維筋痛症」に対しても処方されます。この病気は、脳の痛みの信号を感じる機能の障害により起こると考えられています。

2019.1.18|ブログ

ランチョンセミナー Luncheon Seminar

杏林製薬株式会社 Kyorin
Beova ベオーバ

2018年9月21日、過活動膀胱治療薬ビベグロン(商品名ベオーバ錠50mg)の製造販売が承認された。適応は「過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁」であり、用法用量は「1日1回50mgを食後投与」となっている。

近年、人口の高齢化に伴い、QOLへの影響が大きい泌尿器科領域の疾患の中でも代表的なものとして、尿失禁などの下部尿路機能障害(LUTD)が社会的に大きくクローズアップされている。LUTDの大きな原因として、加齢や神経疾患などによる過活動膀胱(OAB)が考えられており、蓄尿障害によって尿意切迫感や切迫性尿失禁などを生じることで、患者のQOLは著しく低下する。日本では、OABの有症状率は加齢とともに上昇する傾向が認められており、今後のさらなる高齢化の進展でOAB患者が増加することが懸念されている。

OABは、潜在的な排尿筋過活動状態に起因していると考えられており、治療薬として膀胱収縮抑制作用を有するムスカリン受容体拮抗薬が広く臨床使用されている。ムスカリン受容体拮抗薬としては、プロピベリン塩酸塩(バップフォーなど)、コハク酸ソリフェナシン(ベシケア)、酒石酸トルテロジン(デトルシトール)、イミダフェナシン(ウリトス、ステーブラ)などである。

しかし、ムスカリン受容体が膀胱以外の唾液腺、腸管、毛様体などにも存在することから、これらの薬剤は口腔内乾燥、便秘、霧視などの副作用や、膀胱での排尿困難、残尿量の増加、尿閉などの新たな副作用の発現が懸念されていた。これらのことから、2011年9月以降、新たなOAB治療薬として選択的β3アドレナリン受容体作動薬ミラベグロン(ベタニス)が臨床使用されている。

ビベグロンは、ミラベグロンに次ぐ選択的β3アドレナリン受容体作動薬である。膀胱のβ3アドレナリン受容体に選択的に作用することで膀胱弛緩作用を示し、蓄尿機能を亢進させる一方で、排尿機能には影響を及ぼしにくいという特徴を有している。また、類薬ミラベグロンと比較して、「生殖可能な年齢の患者には投与をできる限り避ける」という注意喚起(警告)がないことや、薬物相互作用が少なく併用禁忌薬がないことも特徴といえる。

今のところ、腎障害の患者さんには使用できないとの事。

 

2019.1.8|ブログ

おやつセミナー

「エコーガイド下穿刺」
メドトロニック、コヴィディエン

에코 가이드 바늘 겨레

穿刺(針刺し)には患者とスタッフのコミュニケーションがきわめて重要です。円滑に穿刺が行える場合問題は少ないが、穿刺困難の場合は、患者およびスタッフ共に大きなストレスとなり得ます。最終的には患者とスタッフ間の信頼関係にも影響を与えることにもなる大変恐ろしい仕事である。

「たかが穿刺,されど穿刺」なのだが・・・

従来、穿刺は指先の感覚が重視されており、血管の深さ、壁の厚さ、蛇行の状態などを判断して穿刺しており、この感覚を磨くことが穿刺の最重要事項でありました。経験豊富で新人医療者の指導者は、その感覚を伝える必要がありますが、実践でしか身につけることはできず、その習得に時間を要していた場面を何度も見てきました。センスありきの手技でもある穿刺ですが、必ずしも指の感覚と血管の状態が一致するわけではないこともあり、血管のクセを見抜く経験値も必要な為、穿刺技術の伝道と習得を困難にしているのだ。

失敗しない穿刺の為には、今後必要なスキルになるかも知れない。

院長ブログ/小山すぎの木クリニック