スタッフブログ

Staff blog

2019.2.9|ブログ

「第40回 透析技術認定士認定講習会」

「第40回 透析技術認定士認定講習会」
大田区産業プラザ

当院の透析技術底上げの為、今年は2名の臨床工学技士に参加して頂きました。

認定講習内容は、透析に関する様々な知識を習得するだけではなく、透析機器の取り扱いに至るまで幅広い内容になっています。

この、難しい資格を当院では3名取得して活躍しており、さらなる資格者増員を目指して、透析患者さんのケアに従事して行きたいと思っております。

どこでもそうですが、医療業界においても資格社会である事は間違いありません。出来る出来ないを判断する、最も判断しやすいのが資格となります。

とっても不条理でもありますが、いくら知識・技術があったにせよ、経験の浅い資格者の方が表舞台に立つ世の中です。

特に多くの透析患者さんは通院される当院にとっては、この透析技術認定士のようなスペシャリストを多く在籍させて、安全・安心の透析を提供しなくてはなりません。

講習会の講義内容は「血液浄化療法の歴史・工学的基礎知識の再確認・その概要と実際」「腹膜透析分野」「透析室の感染対策」「小児患者に対する透析」「臨床検査」「薬物療法」など、細かく勉強致します。

今回は、透析技術認定士を目指す講習会で、本試験は5/12(日)に日本工科大学にて行なわれますので、しっかり追加学習して合格できる様、頑張って頂きます。

 

2019.2.8|ブログ

「CareTEX2019」

東京ビックサイトで開催された「CareTEX2019」に行って来ました。
CareTEX(ケアテックス)とは、介護用品はもとより、高齢者施設向けの福祉設備・サービスが一堂に集まる、国内最大の專門展です。
今回は、インフルエンザ対策として、加湿清浄器を中心に体験、見学して参りました。

 

2019.2.5|ブログ

「inBody 勉強会」

「inBody 勉強会」
株式会社インボディジャパン

今回は、体成分分析装置(BIA法)の基礎と測定結果解釈について学びました。
生体電気インピーダンス分析(Bio-electrical Impedance Analysis:BIA法)を詳細に学び、臨床公式や透析補正も新たに学び、臨床でどの様に活用していけるのか、また、当院としてオリジナル的な使用方法を模索できないかなどたくさん議論致しました。

年配の方を多く診療させて頂いています当院にとっては、サルコペニア(筋肉量が減少して筋力低下や、身体機能低下をきたした状態)をいち早く見つけてリハビリ訓練を行い、進行しない様につとめていきます。サルコペニアは具体的には、歩くのが遅くなる、手の握力が弱くなるなどといった症状が現れるようになります。超高齢社会に突入している日本において、サルコペニアは問題となっており、転倒や骨折、寝たきりなどにより生活の質を著しく低下させるので、未然の対策やチェックは不可欠です。

皆様の末長い健康生活を目指して参ります。

院長ブログ/小山すぎの木クリニック