旅行透析

Travel dialysis

2018.10.19|ブログ, 旅行透析関係

台湾 旅行透析

2018.10.19

「仁濟醫院 台北市」

仁濟醫院の李先生に、父の旅行透析をお願いしました。
台湾で最も歴史のある龍山寺から近くにあり、海外からの旅行透析患者さんの受け入れ経験も豊富で安心してお願いすることが出来ました。父が透析中は、失礼ながら院内を見学させて頂きました。

父の透析中、李先生を中心に透析看護師さんらがサポートして下さり、ゆったりとした気持ちで透析を受けられた様です。台湾国内での透析従事する看護師は透析専門の資格を有し、透析専門看護師として合格しなければ、透析医療に携われません。

私も、台湾の透析医療に興味があるので、台湾の透析人口や予備軍、台湾の透析専門看護師の業務内容、患者さんに対する保険制度や日本と違う透析治療法、台湾ならではの漢方医学やシャント温存特殊機械(Firapy:フィラピー)については、特に質問を多く致しました。スタッフとの交流も出来て、非常に充実した訪問となりました。日本語が話せるスタッフもいるので、日本の患者さんも安心して利用出来る事でしょう!

 

“히토시 제의원 타이베이시”

히토시 제의원의 이 선생님에게 아버지의 여행 투석을 부탁했습니다.
대만에서 가장 역사가 있는 용산 사찰 근처에 있고 해외 여행 투석 환자의 수용 경험도 풍부하고 안심하고 부탁할 수 있었습니다. 아버지가 투석 중은 실례하지만 원내를 견학했었습니다.

아버지의 투석 중 이 선생님을 중심으로 투석 간호사 분들이 서포트하세요, 느긋한 마음으로 투석을 받은 것 같습니다. 대만 국내에서 투석 종사하는 간호사는 투석 전문 자격을 가지는, 투석 전문 간호사로 합격하지 않으면, 투석 의료에 종사할 수 있지 않습니다.

저도 대만의 투석 의료에 관심이 많으므로 대만의 투석 인구와 예비군, 대만의 투석 전문 간호사의 업무 내용, 환자에 대한 보험 제도나 일본과 다른 투석 치료법, 대만 특유의 한의학이나 분권 온존 특수 기계(Firapy:휠라 비)에 대해서는 특히 질문을 많이 드렸습니다. 스탭들과의 교류도 생기고 매우 충실한 방문이 되었습니다.일본어를 할 수 있는 스텝도 있고 일본의 환자도 안심하고 이용할 거예요!

 

「仁濟醫院台北市」

對仁濟醫院的李老師,請求了父親的旅行透析。
在台灣從最有歷史的龍山寺在附近,來自海外的旅行透析患者的接納經驗也豐富放心能請求。父親請透析中,雖然是失禮讓我參觀了但是院內。

是父親的透析中,以李老師為中心透析護士先生們支持,以寬鬆的心情被接受透析的那樣。如果在台灣國內的透析作的護士有透析專業的資格,作為透析專業護士不合格,透析醫療攜不破裂。

因為有我,也台灣的透析醫療興趣,台灣的透析人口和預備軍,台灣的透析專業護士的業務內容,大量地關於只有與對患者的保險制度和日本不同的透析治療法,台灣才有的中醫醫學和並聯保存特殊機器(Firapy),特問題做了。也能與職員的交流,成為了非常充實的訪問。因為會說日語的職員是也在,日本的患者也感到安心能利用的事吧!

 

2018.10.18|ブログ, 旅行透析関係

腹膜透析手技勉強会

腎移植、血液透析と共に末期腎不全に対する治療法(腎代替療法)のひとつです。腹膜透析では、腹腔内(おなかの中)に透析液を注入し一定時間貯留している間に血液中の尿毒素や塩分・水分が腹膜を介して透析液に移動します。その後透析液を体外に取り出すことで血液浄化を行います

プレゼンテーションを聞き、実際に腹膜透析のデモ体験をしました。

週3回通院して行われることが多い血液透析と比較して、
* 通院回数を減らせて自由に過ごせる時間を作りやすい
* 時間をかけてゆっくり透析が行われるので体への負担が少ない
* カリウム制限が緩やか
* 残っている自分の腎臓のはたらき(残腎機能)を長持ちさせることができる
などのメリットがあります。

PDが血液透析に比べて十分普及していない理由の一つに、PDに関する十分かつ正確な説明・情報が腎不全の患者さんやご家族に伝わっていないことがあります。しかしながら、PD療法は腎代替療法としての十分な医学的根拠があり、患者さんにとってメリットの大きい治療法であり、血液透析に劣らない治療法です。私たちが充分に治療法を理解して、患者さんやご家族の方に透析療法の選択肢の一つとして、サポートできる事を目指しています。

腎不全が進行して透析が必要となった時、PDを第一選択とする「PDファースト」という考え方があります。残腎機能がある(尿量がある程度出ている)方はPDを優先して導入することで、PDの利点を十分生かすことができると考えられます。私たちも、本当の意味での個々の治療ニーズに応えるためには、必要不可欠な透析療法だと思っています。

복막 투석의 기술에 대해서 공부회를 열었습니다.

腹膜透析的次序
學習會做了

 

2018.10.12|ブログ, 旅行透析関係

施設見学

以前より交流のあります、大阪の天王寺にある「赤垣クリニック」の施設見学をさせて頂きました。
透析室は勿論の事、バックヤードまで詳細に説明して頂き、管理の行き届いている素敵なクリニックと思いました。
今年開業した「あべのハルカス」から1km未満にあり、由緒正しい天王寺院に隣接する貴院の周りは、日本観光を楽しむ外国人旅行者の姿が多く見受けられました。日本の台所でもある大阪は、外国人旅行者にとっては訪れたい人気のエリアであることを実感すると共に、外国人旅行者の誘致に対して、色々な取り組みや工夫がなされている事も説明され大変勉強になりました。赤垣院長先生をはじめスタッフの皆々様、心温まる私達への〝おもてなし〟に対してまして厚く御礼申し上げます。今後も、末永い協力関係維持をお願い致します。

 

院長ブログ/小山すぎの木クリニック