スタッフブログ

Staff blog

2019.12.13|ブログ

院内勉強会

「エベレンゾWEBシンポジウム」

透析期腎性貧血治療における鉄動態管理の重要性と、生理的な造血を見据えた治療戦略の講演を聞きました。

エベレンゾの登場にて迎える貧血治療新世代
従来の貧血治療の課題(補充が中心であった)

(1) 輸血による補充
感染症・鉄過剰のリスク
(2) 鉄の補充
鉄過剰のリスク
(3) 外因性EPOの補充
高用量投与のリスク(ESA低反応)

エベレンゾに期待できる貧血治療
(1) 内因性EPOの誘導 (2)鉄利用障害の改善
→より健常者に近い生理的な造血を誘導できる
→よって多くのCKD患者に適している可能性があるが、中でも高用量の鉄やESAを用いてHb値を管理している症例への大きな臨床的効果が期待できる。
→CKDに伴う貧血の疾患概念も再考慮する貧血治療新時代を迎えている。

エベレンゾが求められる検証事項
(1) 生理的な造血を促す貧血治療がCKD患者のイベントや生命予後に与える影響を検証
(2) HIF activationによるヒト細胞・組織レベルへの影響が明らかではないためHIF-PH阻害剤の長期使用による安全性の検証。

Roxadustat에 대해서, WEBseminar이 있었습니다.
關於Roxadustat有WEBseminar。
Regarding Roxadustat, there was a WEBseminar.

2019.12.10|ブログ

院内勉強会

「イベニティ」

EVENITY
Romosozumab(Genetical Recombination)

アステラス製薬

骨粗鬆症の薬の中で世界で一番効果のある薬が 世界で初めて日本で保険適応となりました。薬理作用ですが、今までの骨粗鬆症治療薬は、主に骨を壊さないだけの作用でした。

しかし イベニティは、骨を作る・骨を壊さないの両方の作用があります。イベニティは「ヒト化抗スクレロスチンモノクローナル抗体製剤」です。

つまり、スクレロスチンの効果を遮断します。結果として、骨を作るのを促し骨を壊すのを抑制します。
(骨芽細胞を活性化し、破骨細胞を抑制する)

Romosozumab에 대해서 공부회를 열었습니다.
關於Romosozumab進行了學習聚會。
I held a study meeting about Romosozumab.

2019.12.8|ブログ

第4回 i-HDF研究会

東京 御茶ノ水 ソラシティ―カンファレンス

当院の大半の患者さんが施行していますI-HDF透析。
間歇補充型血液透析濾過(Intermittent Infusion Hemodiafiltration, I- HDF)は、I-HDFは透析治療中に透析装置より間歇的な補液を計画的に行う治療法です。透析治療中に補液をすることで、透析効率を維持したままで通常の透析では除去しにくい物質の除去や除水による体の負担軽減を図る仕組みであることは、皆さんも承知だと思います。

I-HDFに期待されている効果としては
・末梢循環の改善
・透析治療中の血圧低下防止
・老廃物除去などの物質交換促進
です。長い時間の透析が出来ない、困難の方にはとても良い療法であると思っています。

 

제4회 i-HDF연수회에 참가.효율적인 투석 의료를 배웠습니다.

參加第4屆i-HDF研究會。學習了效率的透析治療。

I participated in the 4th i-HDF study group.
I learned dialysis treatment efficiently.

院長ブログ/小山すぎの木クリニック