スタッフブログ

Staff blog

2019.7.29|ブログ

介護職員等特定処遇改善加算 研修会

令和元年7月29日(月)
場所 栃木県総合教育センター 大講義室
主催 栃木県保健福祉部高齢対策課

はじめに、介護職員処遇改善加算とは・・・
厚生労働省は、平成23年度まで実施されていた「介護職員処遇改善交付金」を廃止し、当該交付金の対象である介護サービスに従事する介護職員の賃金の改善にあてることを目的に「 介護職員処遇改善加算 」を新たに設けました。
介護職員処遇改善加算算定は、以下の要件を全て満たしていることが必要となります。
1、処遇改善計画を立案している、または既に処遇改善を行っており、適切に報告していること。
2、労働基準法等の違反、労働保険の未納がないこと。
3、新たな定量的要件(職場環境等要件)を満たしていること。
※平成27年4月から計画書の届出の日の属する月の前月までに実施した介護職員の処遇改善の内容(賃金改善に関するものを除く。)および当該介護職員の処遇改善に要した費用を全ての職員に周知していること。
キャリアパス要件Ⅰ
(1)介護職員の任用の際における職位(役職)、職責または職務内容に応じた任用等の要件を定めること。
(2)(1)に掲げる職位(役職)、職責または職務内容に応じた任用等の要件を定めていること。
(3)(1)および(2)の内容について職業規則などのもので、書面で明確にし、周知していること。
キャリアパス要件Ⅱ
(1)次のア.またはイ.の条件を満たした計画を作成していること。
ア.資質向上のための計画に沿って、研修機会の提供または技術指導等を実施(OJT、OFF-JT)するとともに介護職員の能力評価を行うこと。
イ.資格取得のための支援(金銭、休暇の取得など)を行うこと。
※(2)上記の内容をすべての介護職員に周知していること。
キャリアパス要件Ⅲ
(1)次のいずれか昇給の仕組みを導入していること。※単一の基準ではなく、複数の基準をかけ合わせた仕組みでも可。
経験年数や勤続年数に応じて昇給する仕組み
資格取得(または保有)により昇給する仕組み
人事評価や試験結果により昇給する仕組み
※(2)上記の内容をすべての介護職員に周知していること。
当施設は、このキャリアパス要件Ⅰ~Ⅲ全てを満たさなくてはいけません。

今回の研修会は、本年10月から始まる、介護職員特定処遇改善加算についての研修会でした。全産業を対象としている賃金調査において、介護職員の賃金が全産業の平均と比較し、低いという調査結果に基づき、これまでも介護職員の職場定着のための取り組みとして、介護職員処遇改善加算等の取り組みが行われていました。さらに定着率の向上を目指し、特に現場でリーダー的な役割を担う介護職員の賃金を全産業の平均年収へ引き上げるための取り組みとして、介護職員特定処遇改善加算が設けられることとなりました。 長く勤めること、キャリアアップすることで、それに見合った賃金を得ることでき、給与面での不安から離職することを防ぐことが目的となっています。 対象は「経験・技能がある介護福祉士」を基本として「その他の介護職員」「その他の職種」です。この「経験・技能がある介護福祉士」とは、勤続10年以上の介護職員を基本としながらも、現場での業務を勘案して、事業所の裁量で設定することになります。

今回の加算に関しては、事業所として要件等を再度確認しながら算定の可否を判断していきます。

복지직원 월급 가산 위해 스터디그룹 참여

参加提高工资的进修

join a study group to add pay to those who work for welfare

2019.7.27|ブログ

受講終了証

熱中症予防啓発講習会の受講終了証が届きました。

열중증 예방 계발 강습회의 수강 종료증이 도착했습니다.

我收到了防热症预防培训的结业证。

I have received a certificate for the end of the heat stroke prevention education seminar.

2019.7.27|ブログ, 旅行透析関係

感謝状

先日、大阪の赤垣クリニックへ台湾旅行透析サポートに携わり、その感謝状が届きました。

요전날, 오사카의 아카가키 클리닉에 대만 여행 투석 서포트에 종사하고, 그 감사의 편지가 도착했습니다.

不久前,在大阪的赤垣診所接到了台湾的旅行透析,收到了感谢信。

The other day, I received a letter of thanks to a person who helped me with my Taiwan trip dialysis at the Akagaki clinic in Osaka.

院長ブログ/小山すぎの木クリニック