スタッフブログ

Staff blog

2019.6.4|ブログ

院内勉強会

「ノベルジン」NOBELZIN
ノーベルファーマ株式会社 Nobelpharma

今回は亜鉛のお話です。亜鉛は成人の体内に約2g存在し、主に皮膚や骨、肝臓、眼球、筋肉などに含まれています。約200種類以上の酵素の構成成分であり、大変重要なミネラルです。通常の食事をしていれば不足することはないと言われていますが、近年、亜鉛不足が指摘されています。

亜鉛不足により味覚障害(食べ物の味は、舌にある味蕾という器官で感じ取ります。味蕾は新陳代謝が活発で約4週間のサイクルで生まれ変わります。亜鉛はこの働きを促しており、不足すると味覚障害が起こることがあります。)、免疫力の低下(亜鉛は免疫機能に関わりのある細胞の働きに影響があります。不足すると免疫力が低下し、肺炎などの感染症にかかりやすくなります。感染症だけではなく自己免疫疾患も亜鉛の低下に関わることがわかっています。)、爪や皮膚の異常(亜鉛は皮膚や粘膜、爪の状態を良好に保つのに役立ちます。原因疾患のない、かゆみを伴う皮膚や慢性湿疹そして爪の異常や脱毛も亜鉛欠乏が関わると考えられています。)、成長障害(亜鉛は細胞分裂・細胞増殖に不可欠なミネラルです。多くの酵素の構成成分となり、タンパク質やホルモンの合成、DNAの複製などに深く関わります。そのため亜鉛欠乏により乳幼児や子どもでは成長障害を起こすことがあります。)、男性はED障害の可能性(亜鉛は生殖機能に深く関与しています。男性の体内では、精子や男性ホルモンのテストステロンの生成に関与しています。不妊男性では亜鉛の不足が見られ、精子の運動率と精子数に関わることがわかっており、ED(勃起不全)を引き起こすと言われています。)などがあげられます。

亜鉛がなくなる原因は、偏った食事や、極端なダイエットにより亜鉛の摂取量が不足していると近年指摘されています。亜鉛は肉類や魚介類などに多く含まれています。また、食物繊維や青菜に含まれるシュウ酸は亜鉛の吸収を阻害するため、肉類や魚介類を食べないベジタリアン、ビーガンなどは不足しやすいミネラルと言われています。亜鉛の摂取量不足だけでなく、亜鉛の吸収を阻害する食品添加物(ポリリン酸など)を含む加工食品やレトルト食品を多く利用することも、亜鉛不足を招きます。さらに、お酒をよく飲む方も注意が必要です。アルコールの代謝に関わる酵素は、亜鉛を材料としています。お酒を飲むことで体内の亜鉛が使用されるだけでなく、アルコールは尿中への亜鉛の排泄を促します。

亜鉛不足を解消するためには、食事管理が一番です。亜鉛は全ての細胞に含まれるので、肉・魚介・種実・穀類など多くの食品に含まれています。特に多いものとしては牡蠣、あわび、たらばがに、するめ、豚レバー、牛肉、卵、チーズ、高野豆腐、納豆、えんどう豆、切干大根、アーモンド、落花生などです。偏食や極端なダイエットを避け、一汁三菜のような食事を摂ると、亜鉛は十分量摂取できます。

亜鉛を失いやすい抗菌剤や利尿剤を常用している場合は、医師との相談も必要です。
鉄を多く摂ると亜鉛の吸収が阻害され、亜鉛を多く摂ると銅の吸収を阻害するので、他のミネラルとのバランスも必要です。通常の食生活では過剰の心配はありませんが、摂りすぎると頭痛などの症状が表れることがあります。

食事管理が難しい透析患者さんの低亜鉛状態の時には、低亜鉛血症治療薬「ノベルジン」が有効とのことです。

2019.5.25|ブログ, 旅行透析関係

韓国腎臓病学会(KSN)2019

韓国腎臓病学会参加させて頂きました。
当院の取り組みや新しいサービスなども説明し
多くの称賛を頂きました。

新たな出会いも多くあり、今後の連携が楽しみです。
関係者の皆様、大変お世話になりました。

 

한국 신장병 학회(KSN)2019

한국신장병학회 참가했습니다.
우리 병원의 활동과 새로운 서비스도 설명해
많은 칭찬을 받았습니다.

새로운 만남도 많이 있어, 향후의 제휴가 기대됩니다.
관계자 여러분, 대단히 신세를 졌습니다.

2019.5.24|ブログ, 旅行透析関係

モトンイ福祉財団リハビリテーション病院を表敬訪問

韓国の空の玄関口である仁川国際空港を利用する際には、いつも寄らせて頂き交流を深めている病院です。今回は、病院の外に大きな垂れ幕で歓迎してくれました。また、院内にも大きく紹介してくださり、本当にありがとうございます。

今回は、一緒に海外活動をしているクリニックが医療協約調印。益々、日本と韓国の医療連携が強化されました。

 

사회복지법인 모퉁이 복지재단 방문

한국의 빈 문인 인천국제공항을 이용할 때는 항상 들려서 교류를 하고 있습니다.이번에는 병원 밖에 큰 현수막으로 환영해 주었습니다.또 원내에도 크게 소개해 주셔서 정말 감사합니다.

이번에는, 함께 해외 활동을 하고 있는 클리닉이 의료 협약 조인. 더욱, 일본과 한국의 의료 제휴가 강화되었습니다.

 

院長ブログ/小山すぎの木クリニック