スタッフブログ

Staff blog

2019.6.7|ブログ

第64回日本透析医学会に向け・・・

64th JSDT in YOKOHAMAに向け、当院で発表予定の6演題の内容精査確認会を行いました。

オーバーナイト透析分野や海外旅行透析分野など、当院の独自性の取り組みを交えたものもあり、院長はじめスタッフにも研究成果をお披露目した。

2019.6.28〜30
64th JSDT in YOKOHAMA パシフィコ横浜や横浜国際会議場を会場に3日間行われる。

JSDT

예행 연습

2019.6.6|ブログ

防火訓練

防火訓練
방재 훈련

47名のスタッフが協力し、防災訓練を実施しました。
工夫して行うと共に、日頃より避難経路のルート整理や消化器の場所を把握しようと呼びかけました。

年2回実施しています防災訓練では、繰り返し訓練を行う事で危機管理能力を高めて行きたいと思います。

2019.6.5|ブログ

糖尿病合同カンファレンス

糖尿病合同カンファレンス
당뇨병 스터디

日時:2019年6月5日 18時~20時
場所:自治医科大学教育・研究棟

今回のカンファレンス内容は、術前の経口血糖降下薬での血糖コントロールについてでした。一般的に、術前の血糖コントロールはインスリン製剤でのコントロールが主流です。理由は、血糖値を下げる最も確実な方法がインスリン注射であるからです。
インスリンで確実に血糖値を下げて、コントロールを良好にした上で手術を施行する流れになります。もちろん血糖コントロールを良好にする理由については、様々な合併症予防であることはご存知の通りです。

ではなぜ、今回の経口血糖降下薬でのコントロールの方針になったか?と言うと、患者の拒否が理由でした。説得はしたものの、「インスリンは絶対にやらねー」と訴え、経口血糖降下薬でのコントロールとなった訳です。

患者概要
心臓前壁梗塞#7 99%狭窄歴(ステントPCI施行済み)あり。HA1c 14%台。GAにすれば40%以上。胸部症状にて搬送、検査結果から3枝病変と診断され、心臓バイパス手術適応となり、血糖コントロール目的に入院。
今後は手術方向。
家族は妻と娘との3人暮らし
妻は要介護状態(患者が主に介護)
仕事は自営業
性格は頑固
過去に治療の自己中断歴あり

今回、拒否の明確な理由については最後まで患者からの言葉は引き出せなかったとの事でしたが、妻が要介護・娘が1人・自営業などの背景があり、自身の背負う役割が大きい事で様々な思いの中で拒否をしていたのだと私は感じました。

患者の拒否言動には、様々な理由があります。その理由を明確にし、アプローチをしていく事が大切であり、その後の信頼関係にも大きく影響します。そして拒否の理由は、殆どの場合、患者にしか分かりません。他者の考えでは突き詰めても推測の域を出ないので、患者の口からでしか真意は分からないものです。そのためにも日頃のコミュニケーションをおざなりにせず、大切にしたいと改めて考えさせられる症例でした。

院長ブログ/小山すぎの木クリニック