blog

スタジオのことや裏側のことなど

2019年6月

院内勉強会

投稿日時2019.6.18

suginokisuginoki

カテゴリブログ

イグザレルト(Xarelto)rivaroxaban

① 作用と効果

血液凝固第Xa因子を阻害することで、血液が固まる働きを抑えます。血液が固まりやすくなっている状態を改善し、血栓が血管に詰まって生じる疾患(血栓塞栓症)を治療または予防します。本日は、ざっくりと脳梗塞や脳卒中等やエコノミークラス症候群にも適応すると。通常、深部静脈血栓症および肺血栓塞栓症の治療および再発抑制に用いられます。

② 使用上の注意

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある・出血している(頭蓋内出血、消化管出血など)。肝障害がある。腎障害がある。急性細菌性心内膜炎がある。出血する危険性が高い(消化管潰瘍発症後日が浅い、頭蓋内出血発症後日が浅い、脳脊髄や眼の手術後日が浅い、胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある、気管支拡張症または肺出血の既往がある、悪性腫瘍がある、高血圧症があるなど)。出血しやすい。血が止まりにくい。低体重、妊娠、妊娠している可能性がある、授乳中、他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

③ 用法・用量

通常、成人は最初の3週間は主成分として1回15mgを1日2回食後に服用し、それ以降は1回15mgを1日1回服用します。本剤は1錠中に主成分15mgを含有します。必ず指示された服用方法に従ってください。透析患者さんにも使用できるお薬のようですが、医師の指示のもと服用ください。

④ 副作用

主な副作用として、皮下出血、鼻血、血便などが報告されています。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに以下のような症状があらわれる可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・吐き気、嘔吐、頭痛 [出血(消化管出血、頭蓋内出血など)]
・吐き気、からだがだるい、白目や皮膚が黄色くなる [肝機能障害・黄疸]
・せき、血の混じった痰、息苦しい、息切れ、発熱 [間質性肺疾患]
・鼻血、歯ぐきの出血、あおあざがでる、皮下出血、出血が止まりにくい [血小板減少]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

 

 

 


栄養指導講習会

投稿日時2019.6.11

suginokisuginoki

カテゴリブログ

自治医科大学付属病院 臨床栄養部 栄養管理室長や栄養管理指導士さんに、大学の外来、入院患者さんの栄養指導管理についてご指導いただきました。導入期指導、減塩チェックなどについて研修してきました。

영양 지도 강습회


日本旅行医学会認定講座・認定試験

投稿日時2019.6.8

suginokisuginoki

カテゴリブログ

当クリニックより5名のスタッフが、同学会認定試験に挑戦した。結果は7月〜8月頃に発表される。

明日は、院長も認定試験に挑戦される。

여행학회의 인정시험에 도전


2018.01.24

胸の痛みについて

 今回はメタボの動脈血管障害の行き着くところ、一番怖……

2018.01.04

新年明けましておめでとうございます

本年も患者様が笑顔になれるお手伝いができればと思っております。 スタッフ一同、粉骨砕身の覚悟で頑張ります。 昨年同様、よろしくお願い申し上げます。 小山すぎの木クリニック 院長 朝倉 伸司

category